婚約指輪と結婚指輪のオーダーにかかる時間

ブライダルリングといえば婚約指輪に結婚指輪。

それぞれ結納までに、結婚式までに手元に準備しておくのが理想です。

婚約指輪に関しては、結婚式から逆算して10カ月から8カ月までには準備しておきたいところです。

さらに詳細に考えると、プロポーズの時に前後して、あるいは結納の前には準備しておくというのが一般的です。

忙しくて買いに行けないから、お金は払うから自分で選んできてくれという男性もいるとか。

婚約指輪も結婚指輪も多くはセミオーダー、フルオーダー。

既製品を購入するにしてもサイズ合わせなどがあるので、早めにショップへ出向くことが大切です。

結婚指輪に関しては結婚式の半年前から3か月前を目安に準備をしておきます。

婚約指輪はオーダーの仕方によるものの、1カ月から3か月程度かけて手元にリングを受け取ります。

結納の日を設ける場合は、その日に桐の箱に水引をかけて中に入れて納めます。

結納をするのは挙式の半年前。

となるとそこから逆算して間に合うようにすることが大切です。

結婚指輪の場合もリングを作るのにかかる時間は同様です。

結婚式の指輪交換に間に合わすというカップルもいますが、入籍の日に結婚指輪を取りに行くというカップルも。

また、挙式の前には前撮りと言って写真撮影する日を設けますから、その時には結婚指輪のアップの写真を撮ることも多いので、カップル両方の指にリングがある状態が良いでしょう。

どちらにせよ余裕を持ってオーダーをすることが、あわてないコツです。

他の準備も忙しいところですが、すぐに入手できないリングは計画的にオーダーするのがコツです。